看護師 非公開求人

エイズの拠点病院です。患者さんを選んではいけないのは分かっていますが、やっぱり怖い。

最近は、あまり話題にあがらなくなった「エイズ」ですが決して下火ななっているわけではありませんね…。

 

アメリカなどでは、感染者が減っている一方で、日本国内におけるHIV感染者数は増える一方なんですよね(T ^ T)

 

エイズの拠点病院になっていると、エイズの患者さんと関わる機会も多くありますよね。

 

エイズの患者さんというと、やはり最初の頃の悪いイメージから、偏見が強くありますよね( ;´Д`)

 

また、一度感染してしまえば治癒することは難しいですし、合併症から死に至ることもあるため、やはり怖い病気というイメージがありますよね。

 

しかし、エイズは簡単に移る病気ではありません。

 

患者さんの血液や体液などを介して、粘膜や、皮膚の傷口などから感染しますから、しっかりと対応すれば感染を防ぐことが可能です^_^

 

空気感染や、飛沫感染などはありませんから、インフルエンザやノロウィルスのように簡単に拡散するものではないのです。

 

まずは、スタンダードプリコーションがしっかり行えていれば、たとえHIVウイルスだからといって怖がることはありませんね^_?

 

傷のない正常な皮膚からウイルスが侵入することはありません。

 

しかし、看護師の仕事は血液や体液を取り扱うことから、リスクが高いことは確かです。

 

針刺し事故などは、特に危険ですから、非常に注意が必要ですね( ;´Д`)
指などにケガをしている時は、特に注意が必要です。

 

万が一にも、事故が起きてしまった場合には、速やかに上司に報告しなければなりません。

 

 

看護師の仕事は、患者さんの血液や体液に触れる機会も多く、不安だと想いますが、自分の粘膜や傷口に接触しなければ感染することはありません。

 

グローブの着用など、感染対策はしっかり行うことが大切ですね^_?☆

 

看護師にとって、疾患をしっかりと理解し看護にあたる事が、自分の身を守ることになりますよ^_^